研究設備

  

MSE研究・推進センター(MSE Center)では、MSE試験装置やトライボロジー特性評価試験装置だけでなく、材料の表面分析や加工を目的とした各種装置・設備を、福井大学内に整備しています。
これら装置・設備の利用を希望される場合は、連携・技術相談お問い合わせをご覧ください。

MSE(Micro Slurry-Jet Erosion)試験機 (硬質薄膜評価、表面加工、スラリー摩耗・スラリーエロージョン評価)

  • 循環式MSE試験機
  • 加工用ポット式MSE装置、皮膜評価ポット式MSE装置
  • CNC MSE加工装置
  • MSEテスター(自動計測最新型)
  • MSE-B101(研究室仕様)

アブレージョン試験機、薄膜膜厚測定機

  • マイクロアブレージョン試験機(硬質薄膜評価、膜厚測定)
  • カロテスト(薄膜の膜厚測定)
  • ロードスキャナー(耐焼付き評価、薄膜評価。スウェーデン・ウプサラ大学ホグマーク教授指導により製作)

利用可能な学内評価装置・観察分析装置

  • スクラッチ試験機
  • 超微小押し込み硬さ試験機
  • マイクロビッカース硬度計
  • SEM-EDX
  • 原子間力顕微鏡(AFM)
  • レーザー顕微鏡
  • 2次元触針式表面粗さ計
  • X線回折装置